インタビュー-今藤 志羽

 

キャリアと家庭との両立
~入社1年目、今藤志羽が見るアークス総合会計事務所とは~

給与労務担当

今藤志羽

2014年入所

家庭を卒業してすぐに家庭に入る女性は少なくないが、その後の長い人生を思えば家庭以外の部分がいかに充実しているかは重要である。
今藤はこれを求め試行錯誤を経て昨年、アークスの門を叩いた。
最初の就職先は、TVほかメディアにおける出演タレントをコーディネートするキャスティングコーディネーター。
芸能やメディアの世界は華やかで刺激も多く自身も「楽しかった」というが、福利厚生の面など不透明な部分も多く家庭生活と両立するにおいて、先行きが見えなくなりはじめたのだという。
その後はしばらく歯科助手の仕事に就くがやがて、やるからにはキャリアをきちんと積んでステップアップしていくことを望むようになった。
会計事務所を選んだ理由のひとつが、労働条件が不透明な会社を経験したことから知りたいことがそこにあったこと。
スキルを磨き将来的には社労士の資格を取得し、子どもができてからも自分のペースで家庭と両立して働き続けられることを理想として掲げている。

記帳税務担当 江戸聡

給与労務担当 今藤志羽

記帳税務担当 江戸聡
嘘をつかなくていい職場

「何ができますか?というよくある質問が一切なく、何をやってみたいのか?ということについて面接では具体的に話した。
私を育ててくれるというメッセージがすごく伝わった」。
複数の会計事務所の面接を受けた中、アークスの面接官の対応はやや異なっていた。仲間と一緒に働く将来の姿がそのとき、はっきりとイメージできたのだという。
そして約1年が経ち、仕事のキャリアアップはもちろん、家庭においても将来を見据えた充実した生活を送っているようだ。
「そろそろ子どもがほしいと願っていたが、面接のときは採用、不採用の部分でマイナス要素になると思い言い出せなかった。
でも今ははっきりと言える。
なぜなら、何か事情があるときは周りの人たちが必ずサポートしてくれるという安心感があるから。
家庭の事情で休まなければならないとき、嘘をつかないと認められない雰囲気の職場も多いが、ここでは一切嘘をつかなくていい」。
会計事務所のみならず忙しい仕事に就いた女性は結婚や子育てとの両立が難しくなるというイメージがあるが、アークスに関しては全く障害にならないと今藤は断言する。
今藤の存在は、今後アークスの門を新たに叩く女性職員に大きな希望をもたらしてくれることにもなるだろう。