インタビュー-江戸 聡

 

広がる将来の可能性
~入社2年目、江戸聡が見るアークス総合会計事務所とは~

会計税務担当

江戸聡

2013年入所

会計事務所は、働いて給料を貰いながら様々な方向性へと自らをステップアップさせることができる場でもある。
同業での独立など直接的なものだけではなく経営コンサルタントや、はたまた全く別の分野においても、多様な経営スタイルや経営状況などの実サンプルを仕事として学ぶことができることはこの上ない環境だといえる。
入所2年目の江戸が目指すところもそこにある。
大学卒業後に一旦経営コンサルティング会社に就職したものの税理士を目指すことを決め、しばらくはアルバイトをしながら勉強を続けていた。
だが、税理士資格取得には思いのほか時間がかかる。
そこでちゃんと就職した上で勉強を続けようと、実務も経験できる会計事務所へ。
ただし、アークスを選んだことに関しては条件面が合っていた以外の理由は特になかったという。
「どんな事務所かは入ってみないとわからないし、どこでも同じだと最初は思っていた」。
しかしここまで1年の経験で江戸は、他の会計事務所にはおよそないであろう魅力を目の当たりにしている。

記帳税務担当 江戸聡

会計税務担当 江戸聡

記帳税務担当 江戸聡
様々な転職先で活きるスキルが培われる

「入所間もない頃から仕事をどんどんまかせられたので大変だったが、その分知識量は格段に増えている」。
アークスで過ごしたこの1年間を振り返り江戸は“予想以上にスキルアップできている”ことをメリットのひとつとして挙げる。
そしてもうひとつ、江戸にはアークスを選んで良かったと思えることがある。
それが小松(所長)の人格に触れられたことだという。
「所長(小松)は人によっては一見ハチャメチャな感じに映ると思うが、人間味があって非常に興味をそそる部分がある。
他の会計事務所にこんなタイプのトップはいないと思う」。
税理士資格取得のために実務が学べるだけではない。
顧客と触れ合うことで、様々な経営陣から多方向性のスキルをも学ぶことができる。
さらに小松はじめスタッフから、人としての成長についても学ぶことができる。
特に理由なく選んだ場ではあるが、アークスが江戸の税理士資格を取得した後の人生における可能性をより広げていることはどうやら、間違いないようだ。