All posts in 税務・会計

アークス総合会計事務所のブログ」より転載

面倒な相続手続きを簡素化『法定相続情報証明制度』①

Categories: 税務・会計
コメントは受け付けていません。

今回は、新たに始まった法定相続情報証明制度についてご説明致します。

 

近年、不動産の所有者が亡くなった際に、

相続登記が未了のまま放置され所有者が不明になっている不動産が増加し、

これが空き家や所有者不明土地の一因となっていると問題視されています。

 

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったときに、

その不動産の登録名義を亡くなった人から、

相続人へ名義変更する手続きです。

 

相続登記は法律上の期限がないため、放置していても罰則はありませんが、

相続登記されず長年放置されたままになると、孫や子孫の代になって

相続権を持つ人がどんどん増えて、事実上、

売買などができない状態になる可能性があります。

 

相続手続きでは、亡くなった方の戸除籍謄本等の束を、

相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要があり、

預金口座が複数ある場合はその手続が大変でした。

 

平成29年5月29日から新たに始まった『法定相続情報証明制度』は、

戸籍関係書類の束に代えて法務局から交付される

“証明文付き法定相続情報一覧の図の写し”を各種窓口に

提出することで、相続手続きの負担軽減を図る制度です。

 

平成30年分のマル扶の記載が変わる②

Categories: 税務・会計
コメントは受け付けていません。

今回はマル扶の記載項目の変更についてご説明いたします。

 

実務上「扶養親族等の数」は、マル扶の記載内容から求めます。

そのため上記変更に伴い、マル扶の記載項目も変わります。

具体

フリマアプリでの売買は申告すべきか④

Categories: 税務・会計
コメントは受け付けていません。
今回はフリマアプリでの売買は申告すべきか①で紹介した、フリマアプリで物を売った場合のケース3について考えたいと思います。
 
【ケース3】

フリマアプリでの売買は申告すべきか③

Categories: 税務・会計
コメントは受け付けていません。

今回は、フリマアプリでの売買は申告すべきか①で紹介した、フリマアプリで物を売った場合のケース2について考えたいと思います。
【ケース2】
主婦が日常生活で使用していたダイヤモンドのネックレス(チェーン部分はプラチナ)を売った時
 
たとえ自ら使用していたとしても、売った物がダイヤモンドのネックレスですがら、宝石・貴金属に該当し、かつ売値が30万円を超えていれば、“譲渡所得”として、所得税がかかります。
この場合の譲渡所得は、総合課税の譲渡所得です。
所得金額は、売値から取得費や譲渡費用を差し引いた上で、最高50万円まで控除してもらえます。
その上、宝石を所有していた期間が5年を超えていれば、課税対象となるのは、その半分となります。
■譲渡所得の課税方法
・分離課税

フリマアプリでの売買は申告すべきか③

Categories: 税務・会計
コメントは受け付けていません。

今回は、フリマアプリでの売買は申告すべきか①で紹介した、フリマアプリで物を売った場合のケース2について考えたいと思います。
【ケース2】
主婦が日常生活で使用していたダイヤモンドのネックレス(チェーン部分はプラチナ)を売った時
 
たとえ自ら使用していたとしても、売った物がダイヤモンドのネックレスですがら、宝石・貴金属に該当し、かつ売値が30万円を超えていれば、“譲渡所得”として、所得税がかかります。
この場合の譲渡所得は、総合課税の譲渡所得です。
所得金額は、売値から取得費や譲渡費用を差し引いた上で、最高50万円まで控除してもらえます。
その上、宝石を所有していた期間が5年を超えていれば、課税対象となるのは、その半分となります。
■譲渡所得の課税方法
・分離課税