逓増定期保険について

今回は、逓増定期保険の活用法と
メリット・デメリットについてご紹介いたします。

 

1.逓増定期保険とは

保険期間満了までに保険金額が契約当初の金額から
5倍以内の範囲内まで増加する定期保険を言います。
満期保険金がない掛け捨ての保険ではありますが、
解約返戻率が契約後、早い段階で高くなることが特徴です。

 

※税法上の逓増定期保険…以下の条件を全て満たすもの
・保険金額が加入時の5倍以内まで増加するもの
・保険期間満了時における被保険者の年齢が45歳を超えるもの

 

2.損金算入額について

被保険者の年齢や保険期間により、損金算入できる割合は

変動します。逓増定期保険の保険料の損金割合は

下記の表に定める区分に応じます。

 

 

3.解約返戻金について

契約後5年~10年ほどで支払った保険料の100%に
近い返戻率になります。ただ、あくまで掛け捨ての
定期保険の一種の為、返戻率のピークを過ぎると
徐々に解約返戻金は減っていきます。

 

4.法人で導入した場合のシミュレーション

・契約者(保険金受取人)…法人 ・被保険者…社長
・契約年齢…50歳 ・払込期間…20年

 

仕訳

・最初の6割…1~12年目(12年)

支払保険料 500,000//現金 1,000,000
保険積立金 500,000

 

※12年間の保険積立金 6,000,000円

 

・残りの期間…13~20年目(8年)

支払保険料 1,750,000//現金     1,000,000
                保険積立金 750,000

 

・14年目…役員の退職時期になる。退職金支払額:7,100,000円

 

保険積立金の残額を取り崩し、解約返戻金との差額を雑収入で処理
払込に対する解約返戻率…95%の場合

 

現金   12,350,000//雑収入     7,100,000
               保険積立金 5,250,000
退職金  7,100,000//現金      7,100,000

5.メリット

・財務強化対策
法人税上の取扱では、逓増定期保険の多くが支払った保険料の1/2を
損金として処理することができる為、当期利益を抑えることにより
課税の繰延につながる。

 

・大規模な設備投資を将来考えている場合
将来、大規模な設備投資を予定している場合に
高い解約返戻率が当たるように設計することで
資金に困らない。

 

・死亡や高度障害などの万が一のリスクに備えることができる。

 

・退職金の準備としての活用
役員の退職時期に高い解約返戻率が当たるように
設計すると、キャッシュアウトしても事業に影響を及ぼさない。

 

6.デメリット

・保険料が高額

 

・契約返戻金の利用目的がないと単なる雑収入となり
一気に法人税を計上することになる。

 

7.最後に

将来の支出に備え、戦略的に資産形成をするための
1つのツールとしてご活用いただけると思います。