フリマアプリでの売買は申告すべきか①

みなさんはフリマアプリで物を売った経験はありますか。
 
インターネットを利用した購買(以下、ネットショッピング)は、
総務省の平成27年版情報通信白書によれば、全世代平均72.2%と、
身近な購入手段の一つと言えます。
 
特に最近、手軽さで利用が増加しているスマートフォンのアプリケーションを利用したオークション(以下、フリマアプリ)により、これまでのオークションサイトよりも多くの個人が出品し、お金を得ているようです。
 
それではこのような個人がフリマアプリで物を売った場合は、申告すべきでしょうか。
 
今回は個人が物を売って儲けたときの所得税についてご説明します。
 
まず、個人が物を売って儲けたときには、基本的に国税として所得税がかかります
 
ただし、日常生活で使用していた家具や什器、衣服や通勤用の自動車などを売った場合は、基本的に“生活用動産の譲渡”として所得税はかかりません
 
しかし、日常生活で使用していたとしても、それが貴金属宝石などであり、かつ、1個(組)あたりの売値が30万円を超える場合には“譲渡所得”として所得税がかかります
 
次回以降下記3つのケースに分けて所得税について考えていきたいと思います。
■ケース1
サラリーマンが通勤用バッグとして自ら使用していたブラン  ドバッグを売った時
■ケース2
主婦が日常生活で使用していたダイヤモンドのネックレス(チェーン部分はプラチナ)を売った時
■ケース3
個人事業主が日常生活で使用していた腕時計を売った時