なかなか売れない土地ってどんな土地?

買い手が見つかりにくく、売却の難しい土地とは、どういった土地でしょうか。

 

見た目は良さそうな土地でも、条件によっては売却が難しいことがあります。

そのような土地を所有している場合には、前もって将来の相続に備えておくと安心です。

特に、相続人が相続後すぐにその土地を売却することを希望している場合には、早めの準備が望まれます。

 

土地の売却で得る収益を、相続税の納税や将来の計画の資金源として期待しているはずです。

なかなか買い手が見つからないとなると、資金調達に深刻な影を落としかねません。

 

では、いったいどのような土地が、「売却が難しい土地」なのでしょうか。

「売却が難しい土地」は、一般的に建築物を建築しにくい、もしくは建築できない土地や、建物を建築する際の費用が高額になる可能性がある土地をいいます。

 

 

相続する予定の土地が「売却が難しい土地」に該当する場合は、相続開始前にあらかじめ不動産業者に物件調査及び査定を依頼し、今後の利用方法を検討しておきましょう。

 

利用予定がない場合には、売却等の対策を検討されることをお勧めいたします。