【70歳以上被用者の取り扱いについて】

今回は、70歳以上の被用者についての厚生年金保険での取り扱いについて、紹介させていただきます。

☆被用者とは☆

労働契約に基づき、使用者から賃金を受け取って労働に従事する者

 

被保険者(社会保険においては、所定の保険給付を受ける資格のある者)が70歳になると、厚生年金保険の被保険者資格を喪失します。

70歳を越えて事業所で働いている者は、厚生年金保険の被保険者になりませんが、在職老齢年金制度の年金調整の対象になるため、事業主は、従業員が70歳以上被用者に該当となった場合、「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」を年金事務所等に提出しなければなりません。

 

☆在職老齢年金制度とは☆

60歳以上の被保険者の受ける老齢厚生年金を、賃金の額に応じて減額

する制度。

厚生年金の被保険者であるときに支給される老齢厚生年金は、

総報酬月額相当額に応じて、在職中による支給停止が行われます。

70歳に達する人が、70歳以降も厚生年金適用事業所に常勤で勤めている

場合は、厚生年金保険の被保険者ではありませんが、65歳以上の人と同様に

在職中による支給停止が行われます。

 

◆手続きについて◆

次の事由に該当した場合は、5日以内に「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」を年金事務所等に提出します。

 

1.従業員が70歳になり、70歳以上被用者に該当したとき

※厚生年金保険の被保険者資格を喪失するため、

「厚生年金保険被保険者資格喪失届」も提出します!

 

2.70歳以上被用者となる人を新たに採用したとき

※厚生年金保険では被保険者となりませんが、健康保険の被保険者と

なるため、「健康保険被保険者資格取得届」も提出します!

 

3.退職または死亡等により70歳以上被用者に該当しなくなったとき

※当該被用者が健康保険の被保険者である場合は、

「健康保険被保険者資格喪失届」も提出します!

届出の提出もれはありませんか。

算定基礎届の提出日も間近ですので、この機会に確認をしてみてはいかがでしょうか。