【算定基礎届のついて】

今回は、先月紹介させて頂きました「労働保険年度更新」と同様、原則として毎年7月10日までに行う「算定基礎届」についてご紹介させて頂きます。

「算定基礎届」とは、被保険者が実際に支給されている報酬と現在の標準報酬月額がかけはなれないよう、毎年1回、原則として7月1日現在の被保険者全員について4月・5月・6月に支給された報酬で届出を行い、その年の9月以降の標準報酬月額を決定するという手続です。
上記決定を「定時決定」といい、定時決定を行うために提出する届出を「算定基礎届」といいます。

まず、算定基礎届の提出が必要な人と必要でない人をご紹介させて頂きます。

・提出が必要な人

1)5月31日以前に入社した被保険者で、7月1日現在在職中の人

2)7月1日以降に退職する人

3)欠勤中または休職(育児休業・介護休業を含む)の人

4)健康保険法第118条第1項に該当する人(刑務所に収容された人等)

・提出が必要でない人

1)6月1日以降に入社した被保険者

2)6月30日以前に退職した人

3)7月に月額変更届・育児休業等終了時変更届を提出する人

4)8月・9月に月額変更届・育児休業等終了時変更届を提出する予定の人

また下記の点について、注意して下さい。

・8・9月月額変更の該当予定者としていた人が該当しなかった場合、その時点で

算定基礎届を提出して下さい。

・70歳以上の従業員がいる場合、「厚生年金保険70歳以上被用者算定基礎届」も合わせて提出して下さい。
※健康保険に関しては、70歳以上の方も引き継き被保険者となりますので、算定基礎届の提出は忘れないで下さい。

次に「算定基礎届」の提出期間と提出先をご紹介させて頂きます。

・提出期間

原則:7月1日から7月10日まで

例外:1)健康保険組合ないしは厚生年金基金より提出日の指定があった場合、提出指定日
2)年金事務所より来所して提出するよう指示があった場合、来所指定日

・提出先

加入している健康保険制度によって提出先は下記となります。

1)協会けんぽ加入の場合    年金事務所

2)健康保険組合加入の場合   年金事務所+健康保険組合

3)健康保険組合+厚生年金基金加入の場合 年金事務所+健康保険組合+厚生年金基金

次回は、報酬月額の計算方法についてご紹介させて頂きます。